芥川賞っていうのは

朝井リョウ 著 「何者」
帰省していたyuが置いていった単行本です。

私の「火花」の感想を聞いて、下宿先から持ってきてくれたのです。

私の「火花」の感想!
(あくまでも私の意見です。)

難しかった。
言い回しが俳句ポイ。
読み終えるのに、たいそう時間がかかった。
又吉氏の言いたいことがわからない。
後半から、力が抜けてきていて読みやすくなった。
等々

・・・

そして、「何者」の感想

面白かった。
一気に読めた。
わかるわかる!こういう人たちいるよね。
こういう気持ちになったことある!
共感できるんですよね。

・・・

私の、この感想を聞いての yuの言葉

芥川賞っていうのは
 『賢い人が、賢い人に向けて書いている本』で、
直木賞っていうのは、
 『賢い人が、そうでもない人に向けて書いている本』なんだよ。

そういうことだったんだ…
納得


前回のブログで、映画〔HERO〕のスペルを間違えてました。
私には、芥川賞はわからないはずだ…


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

"芥川賞っていうのは" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント